未来永劫ではない?

永代供養とは、お墓参りをしてくれる人がいない、またはお墓参りに行けない方に代わって、寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法のことを指し

 

 

 

 

 

 

ただ、「永代」といっても、「未来永劫」という意味ではなく、遺骨の安置期間には一定の期限が設けられています。一般的には、33回忌までを期限とするところが多いようです。

 

 

 

 

 

多くの場合、合祀されて、他の遺骨と共に永代供養墓などで供養が行われるようです。これも決まりはなく遺骨を土に埋葬する、遺骨の一部だけを骨壺に入れて残りは土に埋葬するなど、さまざまな方法があるので、これも契約前に確認しておきましょう。

 

 

「永代供養」と紛らわしい言葉に「永代使用」というものがあります。

永代供養寺院や霊園が遺骨を預かり永代にわたって供養すること

永代使用永代使用料を払ってお墓の権利を取得し、その土地を永代にわたって使用すること

この2つの言葉は似ているものの、意味することはまったく違います。

 

タイプ別

永代供養にかかる費用は、納骨の方法や供養の内容などによって異なります。数万円~数百万円までと、かなり差があるようです。

 

 

 

ちなみに東京都内で永代供養をする場合、50万円前後~数百万円ほどかかると言われています。地域差もあるようで、東京は比較的割高のようです。また、永代供養の施設には「屋内型」と「屋外型」があります。

<屋内型>
「納骨堂」と呼ばれるもので、ロッカー型や可動収納型など、さまざまなタイプがあります。見た目は墓地とは異なりますが、家系代々のご遺骨を収蔵するなど、通常の墓地と同じ機能を有しています。

<屋外型>
主に、次の3タイプがあります。

納骨壇型故人ごとに施設に遺骨を安置する。

納骨塔型塔の地下に遺骨を納める。

合祀型遺骨をまとめて埋葬する。

永代供養の「安置法」には次の4タイプがあります。

墓石安置型一般のお墓に、永代供養が加わったものです。お墓の継承者が不在になった場合は、寺院や霊園が永代供養を行います。

合祀型故人のご遺骨を合わせて埋葬します。合同墓などと呼ばれることもあります。

 

 

料金は割安ですが注意点として、合祀をするとご遺骨を取り戻すことができず、改葬や分骨が不可になります。

個別安置型通常のお墓と同様に、墓石を建てて供養します。

 

 

ただし、永代供養と言っても寺院や霊園によって違いますが、33回忌や50回忌など一定期間が過ぎると合祀されることが一般的のようです。

集合安置型個別の骨壺と石牌を用意して、一つの場所にまとめて安置します。ご遺骨は個別に分けられているので、改葬や分骨にも対応できます。

 

 

 

あわせて読みたい─関連記事─